【32歳女性】婚活と向き合うという選択。エピソードB

【32歳女性】婚活と向き合うという選択。エピソードB

【32歳女性】婚活と向き合うという選択。エピソードB

まだまだと思っていたのに、あっという間に32歳になってしまいました。
自分では全く年齢を感じることなく、20代のままの気持ちなんだけれど、周囲から見るとどうしても32歳のオバサンとまでは行かないけれど、其れに近い目で見られてしまいます。

 

妹に結婚で先を越され、おばさんと呼ばれる辛さ

 

何と言っても妹のほうが先に結婚してしまい子供までいるというのだから、
姪っ子にオバサンといわれるのは仕方のないことだけれど、一緒になって家族に叔母さんおばさんとはやし立てられるのは、
どうして厭味に聞こえてしまいます。
年齢を気にしていないといっても結局のところ、厭味に聞こえてくるというのは、結構ストレス感じているのだと自己分析しています。

 

恋活・婚活よりも研究を優先した大学時代

 

大学だけで終わっていればよかったけれど、どうしても研究をしたいテーマがあったので大学院にまで行ってしまったら、
これが又楽しくて、生涯付き合っていける友人が初めて出来て最高の大学院生活でした。
市の臨時職員になっていろんな家庭を訪問したりしているうちにこれまた仕事が楽しい訳です。
一途なんでもやり始めると自分でやりたいことがドンドン見つかってしまうので、止められなくなってしまう訳です。

 

こんな自分なら婚活も楽しめるかも?

 

ということは結婚しても色々と自分で楽しむ方法を見つけながら主婦業を全うできるのではないかと考え始めたのです。
いよいよ、婚活を始めても良いという思いにまで気持ちが高まってきました。
何でも楽しんじゃ得るのは武器かもしれないです。婚活も楽しんじゃおうか、と思っています。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ